Webinar

危険な環境での遠隔操作を可能にするには ー協働ロボットと触力覚フィードバック装置の活用ー

12 月 14, 2021 02:00 AM

 工場や実験室における作業従事者の労働環境改善や、人手不足への対策として、過酷・危険な作業のロボットによる自動化が、ロボット導入検討の大きな契機となっています。   その際、作業の完全な自動化が困難、あるいは半自動による効率化を理由に、作業者が離れた場所からロボットを操作する、ロボット遠隔操作が注目されています。

 協働ロボットのパイオニアであり市場リーダーであるユニバーサルロボットは、安全性が高くセットアップも容易であることから、作業環境を大幅に変更することなく、人による作業を自動化してまいりました。

  フランス原子力・代替エネルギー庁ロボティクス研究部門のスピンオフ企業である HAPTION社が開発した触力覚フィードバック装置とユニバーサルロボットを合わせて使うことで、危険な環境での遠隔操作も可能となります。

 本ウェビナーでは、協働ロボット/ユニバーサルロボットの基礎に触れた上でHAPTION社の触力覚フィードバック装置の概要や設定方法を、事例を交えて解説します。

 

想定対象者:

危険な環境での作業の遠隔操作を考えている方

 

*ロボットメーカーおよびその販社の方のご受講は、お断り申し上げます

池田潔

日本バイナリー株式会社,  電子機器部 部長代理

水野信隆

ユニバーサルロボット,  チャネルデベロップメントマネージャ

カレンダーに追加する

質問する

として尋ねる (ログアウト)