テクニカルガイダンス_ソケット通信

Applications

|

 06:38

カメラから取得した座標など、カメラとデータとやり取りをしたいときの方法のご紹介です。

サンプルとしてPCから、x,y座標、ワークの回転角度をロボットに送る方法を説明しています。

通信プロトコルに依存しない文字列のやり取りのため、どんな環境でも使用可能です。

サンプルプログラムもダウンロード可能です。
解像度が荒いとティーチペンダントの文字が潰れてしまうため、1080pでの視聴を推奨いたします